オーシャン動物病院イメージ

猫の予防について

猫の伝染病予防接種

はじめに

犬の予防接種についての所でも述べた様に、猫にも伝染病の予防接種があります。やはり猫でも定期的に予防接種を受けなければ、抗体価が低下して予防効果がなくなってしまうことが知られています。
特に猫では、一見病気を持っていないようでも、実際には不顕性感染として猫白血病ウイルスや猫エイズ、猫伝染性腹膜炎ウイルス、トキソプラズマ、ヘモバルトネラ症などを保有し、直接的あるいは間接的に病気をうつし続けるキャリアとなっているケースが非常に多く見られます。
磐田近郊では、上記のような外観上無症状で病気を保有している猫も非常に多く、他の病気や怪我で強いストレスにさらされた際に発症し、死に至るケースも珍しくはありません。

子猫が2匹眠っている写真猫の伝染病の多くは、現在、特効薬と言われるものは少なく、発症すると治療するのに多大な時間と費用を要するケースがほとんどです。一部の伝染病では、発症後では治療自体が不可能なものもあります。
そこで、感染させないようにしたり、感染しても症状が軽く済むようにできるワクチンが重要になるわけです。残念ながらすべての伝染病にワクチンが存在するわけではありませんが、室内のみで暮らしていて他の猫に接触しないでも感染する可能性のある病気は、ワクチンで予防できます。
また外に出る猫で保有率の高いウイルス疾患のうち、白血病ウイルスに関してはワクチンがあります。
生活スタイルに応じて必要なワクチンを選択し、予防できる病気はしっかりと予防してあげましょう。

ワクチンの種類と予防出来る病気

現在の伝染病の予防接種は、混合ワクチンを接種することによって行われます。
各メーカーから多数の混合ワクチンが販売されており、その中から飼育環境や外出の有無、地域性などを考慮してワクチンを選択して接種するのが理想です。

当院では、完全室内飼育の猫ちゃんには、国内で広く感染が見られ、かつ伝播能力の高い伝染病を含んだ3種混合ワクチンを主におすすめしています。さらに室外に散歩に出たり、屋外で飼育している猫には、まず猫白血病ウイルスの感染の有無を血液検査で確認して、未感染を確認出来れば5種混合ワクチンをすすめるようにしています。

磐田市近辺は、まだまだ予防接種率が低く、屋外で自由に猫を飼っているケースが多いせいか、毎年鼻風邪様の症状で来院する猫が多く見られ、また猫エイズや白血病ウイルスの保有率は比較的高いようです。
残念ながら猫伝染性腹膜炎ウイルスに関しては、国内にはまだワクチンが存在しないため予防はできませんが、同じくらい恐ろしい猫白血病ウイルスに関してはワクチン接種によりきちんと予防出来ます。

きちんとした予防プログラムによって、恐ろしい伝染病にかからないようにしてあげて下さい。混合ワクチンによって予防出来る病気には以下のものがあります。

2匹の子猫の写真
  1. 3種混合ワクチン
    ・猫ウイルス性鼻気管炎(猫ヘルペスウイルス感染症)
    ・猫カリシウイルス感染症
    ・猫汎白血球減少症(猫パルボウイルス感染症)
  2. 5種混合ワクチン(3種混合ワクチンに以下のものが加えてあります)
    ・猫白血病ウイルス感染症
    ・猫クラミジア症
  3. 猫エイズワクチン(猫免疫不全ウイルス感染症ワクチン)
    ・猫免疫不全ウイルス感染症

猫免疫不全ウイルス(猫エイズ;FIV)感染症ワクチンについて

2008年8月、いよいよ猫免疫不全ウイルス感染症の予防ワクチンが発売されました。
非常に期待はしているものの、実際の現場における使用上の問題点、コスト、流通量、副作用の問題等を考慮して、現段階では当院では導入を見合わせています。
もちろん情報公開には努めておりますので、詳細をお聞きになりたい方は受付にてお問い合せ下さい。

現在分かっている情報としては、以下になります。

  1. まず感染していない事の確認が必要
    当たり前な話ですが、治療薬ではなく予防接種ですから、猫エイズに感染していない事が大前提になります。
    そのため、ワクチン前に感染検査の実施が勧められます。
    感染猫に接種したとしても、不活化ワクチンなのでワクチンに含まれるウイルスには感染性はありません。
  2. 他のワクチンとは1ヶ月以上間隔を空ける事
    3種、4種、5種、7種といった他の猫用混合ワクチンと同時接種はできません。
    通常1ヶ月以上間隔を空けて接種する必要があります。
  3. 初年度は3回接種が必要
    通常の他の混合ワクチンと異なり、成猫であっても初年度は2〜3週間隔で3回接種が必要になります。
    これにより、抗体価を維持し免疫が得られた状態を維持する必要があります。
    翌年以降は1年毎に追加接種となります。
  4. 有効性データ
    現段階では、メーカーが出してきたデータのみになります。
    過剰な感染攻撃下での感染防御率は70%、実験下での通常の接触感染状況での感染防御率は100%との事。
    もちろん、普通の飼育環境下では実験通りにはならないと思いますし、実験の症例数も少ない為に鵜呑みにはできませんが、十分な有効性があるようです。
  5. 副作用データ
    これもメーカーのデータのみ(海外での実績含む)になりますが、通常のワクチンとほぼ同等の副作用発生率(1/1000〜1/10000)のようです。
    すなわち安全性には問題ないとされています。

ワクチンプログラム(予防接種スケジュール)

ワクチンは伝染病に対する動物の抵抗力(免疫)をつけさせるために接種する訳ですが、1回の注射で免疫が高まる訳ではありません。特に猫の場合は、免疫的に抗体価の上昇が悪いケースも多いため、子猫、成猫に関わらず、初めてワクチンを接種する場合には、約1ヶ月間隔で2回接種する必要があります。逆に長期間ワクチンを打たないでいると抗体価が低下して感染を招く危険性が高まるため、以後も毎年追加接種が必要となります。

前述の様に3種と5種の選択に関しては、飼育状況等によってその必要性も変わってきますので、来院時に説明致します。計画的にワクチン接種することで免疫力を最大限に高め、さらにそれを持続するようにしてあげて下さい。

  1. 生後2ヶ月齢前後:初回混合ワクチン
  2. 生後3ヶ月過ぎ:2回目の混合ワクチン
    通常、初回ワクチンから1ヶ月後に実施します
    初回ワクチンが非常に早期の場合は、さらに1ヶ月後に3回目の混合ワクチン接種を推奨します。
  3. 以後1年毎:混合ワクチンの追加接種
  4. ワクチン未接種の成猫:初年度に1ヶ月間隔で2回の混合ワクチン接種。その後1年毎の追加