オーシャン動物病院イメージ

犬の予防について

犬の伝染病予防接種

はじめに

子犬の写真

人間も幼少時には伝染病にかからないように予防接種を受けますが、それと同様に犬にも予防接種があります。
ただ人間の場合、予防接種を初回に受ければ、ほとんど終生その病気に対する免疫ができますが、犬は定期的に予防接種を受けなければ効果が低下してしまうことが知られています。

私たちの生活する環境中には犬が健やかに発育し、病気なく過ごすことを妨げる微生物が多種存在します。これらは肉眼で見ることができず、健康そうにみえる犬や、その分泌物や排泄物から知らず知らずのうちに感染します。

環境中でも死滅しにくい強い病原体(パルボウイルスやレプトスピラなど)の場合、汚染された環境を散歩する事で感染したり、ときに飼い主である人間の手を介して感染してしまうこともあり得ます。 またこれら伝染病は周りのワンちゃんにも伝染してしまいますし、中には狂犬病やレプトスピラのように人間にも感染する人畜共通伝染病と呼ばれるものもあります。
残念ながらほとんどのウイルスには効果的な特効薬は存在しませんし、強い伝染病では死亡率も非常に高いとされています。死亡率が低いものでも病気の発見時には症状が重くなっていることが多く、治療に時間がかかることもあります。

以上のような理由で、定期的なワクチンの接種が重要になってきます。
これらを接種することで体内の抗体価を高くして、その感染症に最大限かかりにくくしたり、例えかかったとしても症状を軽くすませることができます。
病気に掛かって最悪のケースに遭遇してから後悔したり、また治療できても大きなストレスを強いる前に、これら予防接種ワクチンを計画的に接種してあげることで、予防できる病気をしっかりと予防してあげて下さい。
皆さんの大切な家族の、健康で快適な生活をしっかりと守ってあげましょう!

ワクチンの種類と予防出来る病気

子犬の写真

現在の伝染病の予防接種は、狂犬病を除いて、混合ワクチンを接種することによって行われます。
各メーカーから多数の混合ワクチンが販売されており、その中から、犬種、飼育環境や散歩の有無、地域性などを考慮して最適なワクチンを選択して接種するのが理想です。
当院では、基本的には6種または9種混合ワクチンを主軸に飼い主さんに説明をして、客観的意見としてその子にあったワクチンを提案しつつ、最終判断は飼い主さんに委ねる方針をとっております。
6種や9種によりアレルギー等の副反応を示したことのあるワンちゃんには、副反応を起こす可能性の低いとされる5種または4種のワクチンも用意しています。

磐田市近辺は、まだまだ予防接種率が低く、さらに個人でブリーディングしている人が多いせいか、時折伝染病が発生しています。また、天竜川水系には本州ではあまり多くないレプトスピラ症(ヘブトマディス型)が存在します。また浜名湖に近いために観光地としての性格も濃く、他の地域から犬を連れていらっしゃる方も多く見かけます。
また、エリアによってはタヌキやハクビシンといった犬と病気を共有する野生動物も多く存在し、それらによる病気の常在化や伝播も懸念されます。

皆さんご存知の狂犬病は、人にも伝染する人畜共通伝染病のひとつで、一度発症してしまうと100%死亡する恐ろしい病気です。しかも犬だけでなく、タヌキや猫、コウモリなどすべての哺乳類に感染し拡大します。
海外では未だに多く発生しており、国内にいつ感染動物が入ってしまうか分からない状況と言えます。 それだけに法定伝染病として、現在でもすべての犬に登録と予防接種が義務づけられている訳です。

きちんとした予防プログラムによって、恐ろしい伝染病にかからないようにしてあげて下さい。 混合ワクチンによって予防出来る病気には以下のものがあります。

  1. 6種混合ワクチン
    ・犬ジステンパー
    ・犬伝染性喉頭気管炎
    ・犬伝染性肝炎
    ・犬パラインフルエン
    ・犬パルボウイルス感染症
    ・犬コロナウイルス感染症
  2. 9種混合ワクチン(6種混合ワクチンに以下のものが加えてあります)    
    ・犬レプトスピラ症(コペンハーゲニー型、カニコーラ型、ヘブトマディス型 )
  3. 狂犬病に関しては、狂犬病不活化ワクチンと言う単独のワクチンの接種となります

ワクチンプログラム(予防接種スケジュール)

子犬の写真

ワクチンは伝染病に対する動物の抵抗力(免疫)をつけさせるために接種する訳ですが、1回の注射で免疫が高まる訳ではありません。また動物の状態や母親から与えられた免疫の状態によっては効果が減弱してしまうこともあります(ワクチンブレイク)。そのため初年度にワクチンを接種する際は、約1ヶ月間隔で複数回接種する必要があります。逆に長期間ワクチンを打たないでいると抗体価が低下して感染を招く危険性が高まります。
また、人間の場合と異なり予防接種率がまだまだ低いペットの場合では、成犬になってからもある程度抗体価を高く保つ必要があります。

当院ではこうしたことを踏まえてその子にあったワクチンのスケジュールを考えています。
以下に推奨する標準的なスケジュールを記載しておきます。当然、様々な要因、状況によって変更を加えたより良いプログラムを提案する場合があります。
計画的にワクチン接種することで免疫力を最大限に高め、さらにそれを持続するようにしてあげて下さい。

  1. 生後2ヶ月齢前後:初回混合ワクチン
    * 母犬が未接種の場合や初乳を飲んでいない場合は、より早い接種が必要です
  2. 生後3ヶ月過ぎ:2回目の混合ワクチン
    通常初回ワクチンから1ヶ月後に実施します
    初回ワクチンが非常に早期の場合は、さらに1ヶ月後に3回目の混合ワクチン接種を推奨します。
  3. 以後1年毎:混合ワクチンの追加接種
  4. 生後3ヶ月以降で、上記混合ワクチンと約2週間程あけて狂犬病ワクチンを接種