オーシャン動物病院イメージ

手術に関する注意事項

あなたのペットが手術を受ける事になったら

もしも、あなたのペットが外科手術が必要な状況になったらどうしますか?  
多くの飼い主さんは、非常に戸惑ったり、ショックを受けると思います。誰もが自分のペットが外科手術を受けなければならなくなるとは思いもしなかったことでしょう。
手術をしないで済めばそれにこした事はありませんが、ある種の病気や怪我では手術をしないと救えない場合がある事も事実です。

手術と聞かされて、皆さんが一番心配される事は、ペットが手術に耐えられるだろうか?という事だと思います。
全てにおいて100%の安全を保障する事は出来ませんが、現在の医療レベル、すなわち安全な麻酔薬の開発や麻酔中の動物の状態を把握する多機能患者監視モニターの導入、スタッフの十分なトレーニング等によって比較的安全に手術が行えるようになっています。

当院では、動物病院ではまだ珍しいセボフルランという吸入麻酔薬や7項目を同時に測定モニタリングできる患者監視モニター、緊急時に対応できる人工呼吸器や緊急カートなどを準備して可能な限りリスクを減らすように努めています。
逆に非常に危機的状況における手術の場合には、あらかじめ十分な説明を行います。

手術前検査について

動物の場合、手術を行うためにはほとんどの場合で全身麻酔を行います。ですから手術に危険性がないか?麻酔に十分耐えられるか?を客観的に評価するために術前検査を実施します。

手術前の検査については年齢や全身状態、手術の内容などを考慮して実施します。
全ての動物に全ての検査を行う事はありませんが、できるだけ総合的に状態を把握する事が手術を安全に乗り切る第一歩とも言えます。主な検査としては、身体一般検査、血液血球検査、血液生化学検査、レントゲン検査、超音波検査、尿検査、心電図検査があります。
これらを組み合わせる事で、全身状態をより正確に把握できますし、輸液剤や治療薬物、場合によっては麻酔薬の内容を調節してより安全な麻酔を行う訳です。

麻酔の安全性について

皆さんが思われる以上に最近の獣医療の進歩は目覚ましく、麻酔の危険率は低くなってきました。前述のような非常に安全な麻酔薬の利用や、確実な監視下で行われる事で、麻酔事故は非常に稀になっています。しかし、手術において麻酔が最も重要な項目であり、常にその危険性を忘れてはいけません。
そのためには、可能な限り多くの検査結果から総合的に評価判断して、各個体にとってベストな麻酔方法を選択していきます。

手術の予約と手術前の準備について

  • 一部の緊急手術を除いて、手術は基本的に予約制となっています。
    先に述べたように、術前検査を行ったり、手術前に数日間全身状態を改善させる治療が必要になったり、十分な手術計画や準備が必要になるためです。例えそれがどんな簡易な内容であっても、手術は”やっつけ仕事”ではありません。ご理解下さい。
  • 通常、計画的な手術や全身状態が安定しているペットでは、手術に際して当院の推奨する伝染病の予防接種と外部寄生虫の駆除予防が必要となります。
  • 手術前日から、準備や制約がありますので、必ずお守り下さい。
    1. 絶食
      食事については、前日の夜9時以降は与えないようにして下さい。
      食べ残しがあれば片付けるようお願いいたします。 これは手術の前後で嘔吐しないように胃の中を空の状態にする必要があるためです。絶食処置は最も重要なポイントですので徹底して下さい。   
      飼育状況等により絶食が出来ない場合は、事前にご相談下さい。継続治療薬服用中のペットについても、事前の手術計画で説明いたします。
    2. 絶水
      健康状態なペットでは、食事と同様に前日の夜9時以降は与えないようにして下さい。
      季節、年齢、基礎疾患、内臓の状態によっては、当日朝までお水だけは与えていただくよう変更指示があります。
      これらも、事前の手術計画時に説明いたします。
    3. 排尿排便、散歩など
      排尿排便はできるだけ済ませてからご来院下さい。散歩に関しては軽めにお願いします。
    4. 来院時間
      当日手術の場合は、朝9時から10時半までに来院願います。
      お預かり前に最終チェックを行います。さらに点滴注射などの必要な処置を行い、手術前に全身状態を整えます。
      また、追加の検査が必要な場合はそれらも術前に行い、それらも含めて飼い主様に了解いただき手術となります。

疼痛管理について

ペインコントロールという言葉をご存知ですか?
当院では、人間同様に動物にも痛みを感じにくい治療を心がけています。一昔前は、動物は手術の後も痛がらないなどどといったデマが流れていましたが、最近は痛みの軽減を常に心がけるのが一般的になっています。
手術前から安全な鎮痛剤を使用する事で、ペットの苦痛を少しでも和らげられるようにしています。
ペットが痛い思いをしているのを見るのは、飼い主様にとっても我々にとっても辛いものです。また、苦痛を早期に和らげる事で食欲を回復させ、治療を早める作用もあります。