0538-31-2311

静岡県磐田市上岡田942-4

入院に関する注意事項

我々は動物医療のプロとして、ペットと飼い主様の両方にとって、最も良いと思われる治療を選別してご提案します。最終的な判断は飼い主様ではありますが、まずは私たちの提案を良く聞いていただきたいと思います。
当院では、極力入院しないで済むように、また例え入院してもできるだけ短期の入院で済むように最初から集中的な治療を全力で行います。また、前述のような欠点を少しでも補うために毎日の面会と十分な説明、検査結果の報告等を行っています。

入院時の注意点

入院中は基本的に毎日面会に来ていただきます。
お仕事の関係等で面会にいらっしゃれない場合は電話にて報告もいたしますが、前述のように本当に入院が必要な重篤な状態な訳ですから、できるだけペットに会っていただきたいのです。

面会の意味

  • ペットに声をかけたり触っていただき、元気づけてもらう
    場合によっては飼い主さんから食事を与えていただき食欲反応や元気の改善度を評価する
  • 現段階でのペットの表情や治療反応等を飼い主様自身に確認してもらう
  • 検査等を行った場合は、その結果を逐次報告説明する
  • 獣医師と飼い主様も人と人ですから、深刻な状況であるほど顔を合わせて説明し、コミニケーションを計る
  • 予測した治療反応と異なった状況になった場合(早く良くなったり、逆にまだ改善しない等)にスケジュール変更や治療方針の変更等について早めに相談する

面会時の注意点

基本的に診察時間帯は面会可能としております。ただし、検査、処置、看護ケアの最中の場合は少々お待ちいただきます。また昼休み等の時間外も、通常時間帯での面会が不可能な場合にのみ相談にのらせていただきます。

動物が興奮しすぎてしまう場合は、短時間の面会、カメラモニタによる面会あるいは面会謝絶とする場合がありますが、理由・状況は必ず説明いたします。大人数での面会は、他の動物が興奮する場合もありますのでご遠慮下さい。ケージの開閉や、食事をお持ちいただいた場合には、まずスタッフに確認を取って下さい。

食事について

特別な場合を除いて、まずは食事を食べてもらうことがすべての基本と言えます。
点滴でも栄養カロリーは補えるように思われがちですが、その栄養的意味合いはごくわずかです。また、動物はまず口から物を摂取して、咀嚼してから胃に物が入り、順次腸が動いて消化していくという行為が体全体のバランスを整えるのに非常に大切な役割を果たしています。ですから、理想的な病院食もいいのですが、病気による食欲の減退時や入院による緊張状態の場合には、普段食べなれた食事をお持ちいただくことをお願いする場合もあります。

検査について

当院で行われる院内検査には次のようなものがあります。

  • 身体一般検査(視診、聴診、触診、体重測定、体温測定)
  • 血液一般検査
  • 血液生化学検査
  • 検査キットによる犬フィラリア成虫抗原検査、猫エイズ/猫白血病ウイルス検査、犬パルボウイルス抗原検査、膵外分泌機能検査
  • レントゲン検査
  • 超音波検査
  • 心電図検査
  • 糞便検査
  • 尿検査
  • 針生検による細胞診断検査
  • 皮膚検査及び真菌培養検査

外注検査

当院で行われる外注検査には次のようなものがあります。

  • 特殊ホルモン検査
  • 特殊生化学検査
  • アレルギー検査
  • 病理組織診断検査
  • 細菌培養同定検査
  • 薬剤感受性検査
  • 結石分析検査 等

手術に関する注意事項

当院では、動物病院ではまだ珍しいセボフルランという吸入麻酔薬や7項目を同時に測定モニタリングできる患者監視モニター、緊急時に対応できる人工呼吸器や緊急カートなどを準備して可能な限りリスクを減らすように努めています。逆に非常に危機的状況における手術の場合には、あらかじめ十分な説明を行います。

手術前検査について

動物の場合、手術を行うためにはほとんどの場合で全身麻酔を行います。ですから手術に危険性がないか?麻酔に十分耐えられるか?を客観的に評価するために術前検査を実施します。

手術の予約と手術前の準備について

一部の緊急手術を除いて、手術は基本的に予約制となっています。
通常、計画的な手術や全身状態が安定しているペットでは、手術に際して当院の推奨する伝染病の予防接種と外部寄生虫の駆除予防が必要となります。

絶食

食事については、前日の夜9時以降は与えないようにして下さい。
食べ残しがあれば片付けるようお願いいたします。 これは手術の前後で嘔吐しないように胃の中を空の状態にする必要があるためです。絶食処置は最も重要なポイントですので徹底して下さい。 飼育状況等により絶食が出来ない場合は、事前にご相談下さい。継続治療薬服用中のペットについても、事前の手術計画で説明いたします。

絶水

当日朝7時までお水を与えていただいて構いません。
7時以降は下げてください。

これらも、事前の手術計画時に説明いたします。

排尿排便・散歩など

排尿排便はできるだけ済ませてからご来院下さい。散歩に関しては軽めにお願いします。

来院時間

当日手術の場合は、朝9時から10時までに来院お願いします。
お預かり前に最終チェックを行います。さらに点滴注射などの必要な処置を行い、手術前に全身状態を整えます。また、追加の検査が必要な場合はそれらも術前に行い、それらも含めて飼い主様に了解いただき手術となります。

Page top